プロフィール

eirakutei

Author:eirakutei
ECC梅田校にてプロの落語家(桂あさ吉さん、桂かい枝さん)の手ほどきを受けたメンバーが、英語落語をさらに楽しんで実践していく場を求めて、2006年10月に設立しました。現在では、大阪の真ん中(船場寄席)を拠点にしてRAKUGOを発信し続けています!

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

01月14日(土)

勉強会報告 1/14

英楽亭 EXさんによる  勉強会報告です。

1月14日15時過ぎより出席は、EX(きつねのおきゃくさま、朗読)、恋我(いらち俥)、和音(動物園)、細川さん(小咄、たつのすみか)、CG(いらち俥)、マザーの皆さんで、18時終了。

 細川さんは昨年末に続き奈良から来られました。創作の小咄をしっかりした口調でされました。英楽亭に参加される由、一緒に楽しみましょう。CGさんが「落語を演じるにはイメージを自分でしっかりと持つことが大切」という話をされました。

 1月21日私は所用で休みますので、一番に来られた方はすみませんが、6号館4階の大阪市開発公社へ鍵をもらいに行って下さい。宜しくお願いします。

 私が朗読したのは「あまんきみこ」さんの童話です。次にそのあらすじを付けます。これを基にして落語を創りかけています。

            きつねのおきゃくさま

 空腹の狐が痩せたひよこを見つけ、すぐに食べようと思ったが太らせてからにしようと、家へ連れて帰ってせっせと食べさせた。ひよこに感謝されて狐はくすぐったかった。ひよこが痩せたアヒルと兎も連れてきて、狐はますます張り切って三匹に食べさせた。三匹から感謝の言葉を聞く度に、狐は有頂天になった。ある晩狼が三匹を食べに来た。狐に不思議な力が湧いてきて狼と勇敢に戦った。狼は逃げ帰ったが、狐は深く傷つき、恥かしそうに笑って死んだ。三匹は狐のお墓を造り、やさしいうえに勇敢な狐のために涙をながしたとさ。

(英楽亭 EX)
スポンサーサイト
 
01月04日(水)

1〜3月の予定(チラシ)


英語落語サークル 「英楽亭」